心に残る物語

小さな頃、我が家には世界の童話シリーズ(多分)という絵本があった。

多分、日本の童話シリーズというのもあったかも・・・・

全巻揃ってたこの二つのシリーズ、残念ながら親が地元の小学校に寄付してしまった。

かなり古いものだし、学校も建て替えがあったりしたから多分、もう無いんだろうな。

その中に忘れられない物語がある。

女の子と動物達がいろんな国を巡っていくお話しなんだけど、カナダでさとう楓の樹液(メープルシロップ)を雪の上に流してそれに棒をつけて飴にして食べるという場面が忘れられない。

当時、田舎に住んでいた私は凄くあこがれた。もちろん近所のお店やスーパーになんて置いてなかったし。

北国に住んでいたのでもしかしたらさとう楓があるんじゃないか?と探した事もあった(笑)

今はちょっとしたスーパーになら普通にメープルシロップが売っている。

そして我が家にもメープルシロップは常時置いてある。

憧れのメープルシロップ。その瓶を手に取るたびに、味わうたびにその物語を思い出す。


もしかして、自分と同じ思い出を持っている人がいるかも、と思いつく限りのキーワードで検索をしてみた。

やはり、同じ思い出を持っている人がいた。

そして、あった!




カロリーヌ カナダへいく (カロリーヌとゆかいな8ひき)
BL出版
ピエール プロブスト


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



私が持っていたシリーズは既に絶版。

でも、このシリーズは人気で単独で今でも読むことができるんだね!

もう、あの物語は読むことができないのかな、と思っていたからとても嬉しい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック