エネルギー切れ・・・

体調が悪かったり、精神的に落ち込んでいたりしては読めない作品がある。

最近のゲームなんかには「暴力的なシーンがあります」なんて表記があったりするけど、本には無い。

ある程度の情報は帯や本の装丁の後ろに書いてあるけど、そういう場面についての表記は無い。

・・・・この間、本を読んでいて気持ち悪くなってしまった。。。。

もともと、暴力シーンのあるテレビや映画なんかは苦手で見てないんだけどさぁ。。。。

その本は途中で読むのを止めているんだけど、再度手にするエネルギーはまだ無い。

・・・・・・こんなときは別な本を読む。

今はこれ。


流星ワゴン (講談社文庫)
講談社
重松 清


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



しばらくは癒される本を読みたい。

この記事へのコメント

yuriso
2009年10月14日 22:21
ひさしぶりにこちらへお邪魔しました。
ずいぶん購入しましたね、本。
ゆき☆だるまさんがいうとおりですね。
本にはそんな説明ありません。
気にしたことがなかったけど。

私は読んで気持ちが悪くなる本にであったことが
ないのです。
映像ではあり得ますが、本となると・・・
想像力がまだまだ足りないのかもしれない。

読みきらないってのも本に失礼?
エネルギー満タンにして手にしてね。

この記事へのトラックバック