たったひとつの思い出―心に残る物語

別館ブログで「あなたにも心に残る物語がありますか?」とたずねた

いつも別館のブログを見てくださっているパピママさんの心に残る物語





人間の勝手で捨てられ、動物管理センターに収容された兄弟犬のお話しです。

動物管理センターに収容されると言う事は死を待つという事でもあります。

そして迎える死は決して安楽なものではなく、炭酸ガスによる窒息死だと言う事を知っていますか?

私はこの作品を読んではいませんが、センターから保護されたワンコを現在2ワン家族として迎えています。

ワンコやニャンコの命はそんなに軽いものなのでしょうか?

内容は分からないですが、この本の表紙を見るだけで涙が出てきてしまいます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック